業務内容

薬剤師の業務内容

薬剤師って具体的にどんな仕事をしているの?どんなことに気をつけているの? これから薬剤師を目指す方に向けて薬剤師の業務内容を紹介します。

医師の処方により薬剤を調合します。患者さんの体質や薬のアレルギー歴、どんな薬をいつごろ使用したかなどの記録を確認して、薬の副作用についても考慮しつつ行います。

医療機関でもらった処方せんの内容と、記載ミスなどがないかを確認します。飲み方を説明した用紙と用意された薬、処方せんとを照合し、飲み合わせなどの相互作用もチェックします。

患者さんに処方された薬についての説明をします。薬の服用の仕方や効能、副作用の可能性などを、専門用語を使わず分かりやすく丁寧に伝えます。このときに患者さんの健康状態の確認を行い、日常生活での注意やアドバイスをすることも大切です。

処方せんの内容に確認が必要なときは迅速に処方医師に連絡をします。患者さんからの薬に関する要望も医師の判断のもと対応します。

調剤薬局での患者さんのカルテのような存在が薬歴簿。併用薬や過去のアレルギー歴など、患者さんへの指導内容や注意点など患者さん一人ひとりの情報を薬歴簿に入力し、次回の投薬時に役立てます。薬以外の生活環境のことや患者さんが疑問に思っていることなども記録します。

医療事務の仕事内容

患者さんから処方せんを受け取り、必要な書類と合わせて薬剤師に渡します。処方せんを受け取る際には、一包化のご希望があるかどうかなども伺って薬剤師に伝え、初診の方には質問書を書いていただきます。

薬剤師が調剤をしている間に、処方せんの内容をコンピュータに入力します。このとき、調剤報酬の算定も合わせて行い会計をします。

患者さんからのお問い合わせはもちろん製薬会社や保険会社からの電話も応対します。そのほか、薬剤師が働きやすいように手伝える範囲でさまざまなサポートをします。

ただ業務をこなすだけでなく…

あたり前かもしれませんが、薬剤師も医療事務もただ決まった業務をこなすだけではありません。

受付から投薬まで、スムーズに進むようにお互いにサポートし合うことはもちろん、患者さんに「あやめ薬局なら気軽に相談できる」「あやめ薬局なら知りたいことを教えてもらえる」と思っていただけるよう、コミュニケーションのとりやすい雰囲気づくりと、日々の勉強を大切にしています。

採用情報