crosstalkクロストーク

  • HOME
  • クロストーク

Crosstalk

先輩と後輩のホンネに迫る!クロストーク

あやめ薬局は、千葉県を中心に東京都、埼玉県、茨城県に調剤薬局を展開しています。先輩と後輩。新卒と中途。それぞれの立場からあやめ薬局で働いて気づいたこと、働く上で大切にしていることは何か、会社や働く仲間、そして仕事への熱い想いを語るクロストークをお届けします。

クロストーク①MAYU.Tさん(中途入社・薬剤師)×KANA.Iさん(新卒入社・薬剤師)

「小学生の頃からの夢だった」2人の意外な共通点とは?

  • MAYU

    「小学生の頃からの夢だった」2人の意外な共通点とは?

    KANAさんは入社前にインターンシップに参加されたんですよね?

  • KANA

    そうです。下志津店に配属されました。職場の雰囲気が明るくてスタッフの方が優しいな~って思ったことがきっかけで入社を決めました。

  • MAYU

    どうして薬剤師の仕事を選んだんですか?

  • KANA

    小学生の頃から、将来は薬剤師になるのが夢だったんです。

  • MAYU

    私も同じ!小学生の頃に薬剤師という仕事を知ってから医療の道へ行くことを決めたんですよね。

  • KANA

    そうだったんですか!

  • MAYU

    お互い、薬剤師になることが小学生の頃からの夢だったなんてびっくりですね!薬剤師を目指す人って案外、小さい頃から意識している人が多いのかもしれないですね。

  • KANA

    本当ですね!

患者様に寄り添ったサポートで安心を届けたい

  • KANA

    MAYUさんはブロック長としていろんな店舗で働いていらっしゃいますけど、店舗ごとに扱うお薬の種類が違うので大変ですよね。

  • MAYU

    そうですね。店舗数の多さと店舗ごとにいろんな特色があるところがアシストで働いてみたいって思ったきっかけなんです。いろんな店舗でお薬を勉強できるかなって思って。今はブロック長としてたくさんの店舗に行っていますが、自分がやりたかった働き方ができて満足していますよ!

  • KANA

    素敵ですね。MAYUさんって勤勉な方だなって感じます。アシストで働く人って勉強熱心な人が多いですよね~。

  • MAYU

    KANAさんもすごく勉強家ですよ!患者様一人ひとりの細かいしぐさとか表情を見て、ベストな対応をしているじゃないですか。すごいことですよ。

  • KANA

    患者様に寄り添ったサポートで安心を届けたい

    病院でも薬局でも待たされてイライラしている患者様もいますからね。患者様もいろんな事情があって来店されますから、できるだけストレスを与えない声がけに気を遣っています。ただお薬を渡すだけが仕事じゃなくて、心境や精神状態にも気を配った対応が大事なんじゃないかなって思います。正しく安全にお薬を飲んでもらえるために、全力でサポートできる薬剤師になりたいですね。

  • MAYU

    患者様からの質問を受けることも、たくさんありますよね。

  • KANA

    薬局の患者様は、病院の診察を受けてから来店されます。お薬のことや症状について担当医師に聞きたくても聞けなかったという方が、実はすごく多いことに驚きました。 そうした患者様に、薬剤師から安心できる言葉を伝えてあげられるんじゃないかなって。

  • MAYU

    医師よりも薬局にいる薬剤師に親近感を持ってくれる方も多いですからね。「あなたに聞けて良かったわ」と患者様から感謝の言葉を聞くと、私のアドバイスが役に立って本当に良かったなと思いますね。

患者様との接し方にとまどったことも……

  • MAYU

    アシストで働いているなかで印象に残っていることって何かありますか?

  • KANA

    そうですね。入社当時は、患者様との接し方にとまどったことがあります。ご自身の健康状態を悲観されているんだと思いますが、答えに困ることを話す方がいて。なんて答えたらいいのかわからなくて、愛想笑いしかできませんでした。

  • MAYU

    なるほど。不安な気持ちを聞いてほしいのか励ましてほしいのか、答えに困ることをおっしゃる患者様っていらっしゃいますよね。外来の対応業務でのコミュニケーションの悩みは、誰もが通る道だと思います。患者様に安心してもらうことも仕事のひとつなので、不安になっている患者様にどう声をかければいいのか、何が正解なのかは医療従事者として今でも悩むことはあります。

  • KANA

    MAYUさんでも対応で悩むことがあるんですね。答えに困る話をされる患者様に対して、どう言葉をかければいいんですか?ぜひ教えてください!

  • MAYU

    「そんなことおっしゃらないで。来月もお待ちしていますね」とかかな?

  • KANA

    なるほど。自然な返しですね!

  • MAYU

    ある程度、経験を積んでいけば外来対応でのコミュニケーションスキルもついていくと思いますよ!KANAさんならきっと大丈夫!

  • KANA

    他にも外来対応さんが外来対応で気をつけていることって何ですか?

  • MAYU

    店舗に入って来られるタイミングから様子を伺うようにしています。歩き方や歩く速度などで「足が痛そうだな」とか、患者様の状態を予想します。足が痛そうで杖をつく患者様であれば、カウンターにお呼びするのではなく、待合室に出向いてお薬をお渡しするといったように臨機応変に動くことを意識していますね。

  • KANA

    患者様の様子から対応を考えるということですね。急いでそうな方であれば、お薬の説明を簡潔に済ませるという対応もありですか?

  • MAYU

    患者様との接し方にとまどったことも……

    もちろん、そういった対応も問題ないですよ。それから、話す言葉の意味合いを考慮して会話することも必要だと思います。例えば「この薬は強いのかしら?」と聞かれたとしたら、しっかり効くお薬がほしいという意味にもとれるし、強い薬はあまり飲みたくないという意味にも聞こえますよね。どういった意味なのかなと思ったら「何か気になることがありますか?」と聞いてみると患者様の思いを話してもらえることがあります。薬剤師の説明ひとつでお薬の服用頻度が減ってしまったり、治療が遅れてしまったりといったことにもなりかねませんからね。

アシストには各種認定薬剤師取得支援制度もある!

  • KANA

    大学で習っていないことも実際の仕事ではたくさんあって、いつも先輩に助けてもらっています。先輩から教わることがまだまだたくさんあります!

  • MAYU

    そうですね。現場に就いてからが勉強だなって私も思います。業務に関する知識やスキルって現場でしか学べないですからね!

  • KANA

    薬剤師ってすべての病気に対応した医薬品の知識を身につけないといけない仕事ですよね。だから患者様からの質問にはすぐに応えてあげたいと思って、今は専門薬剤師の取得を考えています。

  • MAYU

    素晴らしい!アシストは認定・専門薬剤師取得のための補助制度があるので、それを利用してくださいね! 私も認定薬剤師を取得するためのWeb講座の受講費用を全額補助してもらっています。会社の福利厚生は利用してくださいね!

  • KANA

    アシストには資格取得補助制度もある!

    アシストは教育支援もしっかりしているんですね!専門薬剤師取得の補助制度は本当にありがたいです。患者様の不安を取り除いてあげられるような薬剤師を目指して、一層勉強に励みます!

クロストーク②RYOTA.Kさん(新卒入社・薬剤師)×IKUMI.Yさん(中途入社・調剤事務)

クロストーク①

元気で明るい職場の雰囲気に感動して即入社!

  • RYOTA

    実は、はじめましてなんですよね!

  • IKUMI

    そうですね!はじめまして(笑)! 私は鹿嶋店勤務なので、千葉や東京、埼玉の方とは忘年会以外で、お話する機会ってそうそうないから……。

  • RYOTA

    確かに県をまたぐと中々お会いする機会がないですよね。近隣エリアでは納涼会などもありますけど。IKUMIさんは、前職も調剤事務をされていたんですよね。どうしてアシストに転職されたんですか?

  • IKUMI

    たまたま『あやめ薬局鹿嶋店』に処方せんを持って行ったことがあって、そこで働いていた皆さんの明るい接客に感動したことがきっかけなんです。薬局に一歩入ったら、「こんにちは!」って元気な声であいさつしてくれて。「あ、ここで働きたい!」って思ってすぐ面接を受けました。

  • RYOTA

    そうなんですか!一度薬局を利用したあとに、スタッフとして入社するなんて行動力ありますね!IKUMIさんが感じたように、アシストの薬局で働くスタッフの人はみんな明るくて優しいですよね~。

  • IKUMI

    店内だけじゃなくトイレも掃除が行き届いていて清潔感があって、素晴らしいなと思いました。

  • RYOTA

    元気で明るい職場の雰囲気に感動して即入社!

    薬局で働くスタッフとして患者様に寄り添い、思いやりを持って接することはまず大前提にありますね。患者様は体調面や健康面でさまざまな不安を抱えて来店されますから、「どうしたら気持ちよく過ごして、笑顔で帰っていただけるかな」と、働くスタッフ一人ひとりが考えているからこそ、元気で明るい接客につながるんだと思います。

思いやりのある対応で患者様との信頼関係を作る

  • IKUMI

    私が働く鹿嶋店のスタッフは8名ですが、下志津店は大きな店舗だからスタッフもたくさんいますよね。

  • RYOTA

    下志津店には、スタッフが30名くらい在籍しています。東邦大学医療センター佐倉病院の近くにあるので、患者様が多く毎日忙しいですね。お子様から年配の方まで幅広い層の患者様がいらっしゃいますから、管理薬剤師としての業務だけじゃなく、外来対応にも自然と力が入ります。

  • IKUMI

    思いやりのある対応で患者様との信頼関係を作る

    大きな病院がすぐ近く、きっと患者様もひっきりなしに来店されますよね。処方せん受付から調剤をして薬のお渡しまで、時間がかかりそう……。

  • RYOTA

    とても多くの処方せんを扱うので、患者様をお待たせしてしまうことも少なくないですね。ときにはお叱りを受けることもありますが、「いつもありがとう」と感謝の言葉をかけてもらえたときは、なによりうれしいですよね。「患者様との信頼関係ができているな」と感じます(笑)。

“薬局の顔”である調剤事務は全力の笑顔でお迎えします!

  • IKUMI

    私も、初めてあやめ薬局に行ったときに受けた「明るくて笑顔になれる接客」を忘れずに患者様と接するようにしています。今はコロナウィルス感染防止のためにマスクを着用して来店される患者様に対応していますが、マスクって表情が見えにくいですよね。マスク越しでも、めいっぱいの笑顔でおもてなしできるよう“全力のスマイル”を心がけています!

  • RYOTA

    確かにマスクって目しか出てないから表情が伝わりにくいですよね(笑)。IKUMIさんの全力スマイルなら患者様も笑顔になれそうですね!受付で患者様を迎える調剤事務の方って、“薬局の顔”だと思うんです。薬局にいらした患者様が一番最初に顔を合わせるスタッフですからね。

  • IKUMI

    そうですね!私たち、調剤事務が笑顔でお迎えしたり元気にあいさつしたりすることで、薬局の印象も良くなると思います。

  • RYOTA

    “薬局の顔”である調剤事務は全力の笑顔でお迎えします!

    患者様が「あやめ薬局のスタッフがいるから通える」「元気をもらえた」って思ってもらえたら、何よりだと思います。

ICT化で業務のサポート体制が充実していることにビックリ!

  • IKUMI

    そういえば、下志津店ってシャトルバスがありますよね?

  • RYOTA

    はい。下志津店・京成臼井駅・江原台店を巡回する無料のシャトルバスが運行しています。

  • IKUMI

    そうなんですか。

  • RYOTA

    他にもあやめ薬局で働いて驚いたこととか、気になったことってありますか?

  • IKUMI

    ピッキングサポートシステムが導入されていることにびっくりしました!調剤監査は、処方せんに書かれているお薬の取り間違いや処方せんの入力ミスがないかを確認する業務ですから、とても気を遣うんですよ。ミスがあってはいけない重要なお仕事ですからね。

  • RYOTA

    監査システム「PORIMS(ポリムス)」のことですね。お薬のピッキングのときに専用ハンディを使って、薬品バーコードを読み取ることで処方せんに書かれたお薬との調剤過誤を防止できるんですよね。社長が業務の効率化や自動化などを積極的に推進していて、アシストの全薬局でICT技術の導入が盛んなんです。患者様に安心してお薬をお渡しするため、そして調剤事務や薬剤師の仕事を効率的に行えるようにと“業務支援のシステム化”に力を注いでいるところが、アシストのすごいところだと思います。

  • IKUMI

    ICT化で業務のサポート体制が充実していることにビックリ!

    患者様に安心と安全をお約束するために、ICT化が必要というわけですね~新薬も増えてジェネリック薬品の取り扱いも多くなると、それだけ調剤業務に追われて、患者様をお待たせしてしまうことにもなりますからね。業務の効率化をシステムで補うことでスタッフに余裕が生まれて、患者様に丁寧なサービスができるようになるから一石二鳥ですね!

クロストーク③MAYU.Tさん(中途入社・薬剤師)×IKUMI.Yさん(中途入社・調剤事務)

クロストーク②

「元気で明るいスタッフがいる」アシストの職場が大好き!

  • IKUMI

    私たち中途入社同士ですけど、MAYUさんはいつ頃に入社されたんですか?

  • MAYU

    私は11年前に入社しました。

  • IKUMI

    私は昨年に入社したので、大先輩ですね!

  • MAYU

    「元気で明るいスタッフがいる」アシストの職場が大好き!

    いえいえ、まだまだですよ(笑)。今は、下志津店、江原台店、飯田町店、城西薬局、八街店、鹿嶋店、神栖店の7店舗を見るブロック長として、本部と各店舗長との間に入って店舗の管理や相談役といった仕事をしています。スタッフ一人ひとりと話す機会って実はあまりなくて。だからこのクロストークの場ってすごく新鮮です(笑)!

  • IKUMI

    そう言ってもらえてすごくうれしいです!

  • MAYU

    IKUMIさんと鹿嶋店で初めてお会いしたとき、「あいさつがすごく丁寧な方だな~」って思いました。

  • IKUMI

    ほんとですか?ありがとうございます!

  • MAYU

    鹿嶋店のスタッフは全員、患者様への声がけもスタッフ同士のあいさつもしっかりできていると思います。

  • IKUMI

    “元気で明るいあいさつ”は、私が入社するきっかけにもなった鹿嶋店の大好きなところです!実際に入社して働いて気づいたことは、鹿嶋店にはコミュニケーションスキルが高いスタッフがそろっていて、とても働きやすい職場だな~ってことです。

  • MAYU

    IKUMIさんって、入社前に鹿嶋店を利用したことがあるんでしたよね?

  • IKUMI

    そうなんです。前職の薬局を辞めるかどうか迷っていたタイミングだったんですけど、スタッフさんの明るいあいさつや店内の清潔感に感激して!

  • MAYU

    わかります。鹿嶋店のスタッフは患者様への対応もすばらしいんですが、スタッフ同士のコミュニケーションが円滑だなと感じています。鹿嶋店は、まさにお手本と言えますよ。

働くための知識やスキルの習得は全力でバックアップ

  • IKUMI

    働くための知識やスキルの習得は全力でバックアップ

    入社して驚いたのが、「先輩がマンツーマンで新人指導してくれる」こと。前の職場では、先輩がつきっきりで丁寧に教えるなんてことはありませんでした。

  • MAYU

    研修制度は、ここ数年で整備されました。新卒入社の薬剤師は1年間の教育プログラムがあって、調剤事務の方は各店舗の事務主任にお任せします。事務の方には、入社後3カ月目、6カ月目、1年目に業務内容を確認するための技能テストがあります。何点とれば合格という試験的なものではなく、処方せんのレセプト入力や会計、監査方法、お薬の在庫管理など先輩からの指導で学んだ業務内容をどこまで把握しているかを振り返るためのテストです。薬局で働くための知識やスキルの習得は全力でバックアップします。

  • IKUMI

    教育指導の先輩は優しく丁寧に教えてくださって、わからないことを聞きづらいなんてこともまったくありませんでした。配属された鹿嶋店の先輩は、自分より年齢が若いスタッフが多かったから最初はちょっと心配だったんです。「うまくやっていけるかな~」って。でも、皆さん優しく受け入れてくれて。温かい職場で本当に安心したことを憶えています。

  • MAYU

    薬剤師と事務がお互いにサポートし合い、スムーズに意思疎通ができるような職場環境作りもすごく重要だと会社は考えています。患者様への配慮や思いやりを意識してもらうことはもちろん、一緒に働くスタッフとも柔軟にコミュニケーションをとって円滑に業務をこなしてほしいですからね。

  • IKUMI

    働くための知識やスキルの習得は全力でバックアップ

    鹿嶋店に新人さんが入ってきて、私が教育係を担当しているんです。調剤事務の仕事がはじめての方なので、ゼロから教えています。専門用語で伝えても理解しづらいと思うので、できるだけわかりやすい言葉に置き換えて指導していますが、なかなか難しいですね。

  • MAYU

    私も前職は医薬品の卸販売業者に勤めていたので、取引先の病院やクリニックのドクターとは専門用語をひんぱんに使っていました。アシストに転職してからは、患者様と接することが増えたので、業者間で交わす専門用語ではなく、一般的にわかりやすい言葉でお伝えするようにしています。

  • IKUMI

    わかりやすく丁寧に教えるって、相手のことを思いやる気持ちがないとできないことですよね。今は教えたことができるようになった新人さんの姿を見て、成長を実感しています!

働きやすさの秘密は「風通しのよさ」と「スタッフ同士の信頼」

  • MAYU

    店舗管理を担当する立場から伺いたいんですけど、職場の働きやすさはどう感じていますか?

  • IKUMI

    お休みがとりやすいってところはメリハリのある働き方ができて、本当にうれしいですね!

  • MAYU

    しっかり休めてうれしいという感想は他のスタッフからも聞きますね。

  • IKUMI

    ちゃんと有給も取得できますしね。仕事もプライベートの時間も充実できます!

  • MAYU

    完全週休二日制で、年間休日も120日です。「困ったときはお互い様」っていう気持ちでスタッフが支え合っているから、気兼ねなく休みたいときに休んでくださいね。

  • IKUMI

    店舗スタッフ同士、しっかりフォローし合える関係性ができているから、働きやすさにつながっているんですね!

  • MAYU

    それに出産・育児サポートも充実していて、子育てしながら働ける職場環境に惹かれて入社される方もいます。アシストは産後復帰率が高いです。

  • IKUMI

    そうなんですか!? スタッフ一人ひとりの働き方にちゃんと向き合ってくれるんですね。

  • MAYU

    働きやすさの秘密は「風通しのよさ」と「スタッフ同士の信頼」

    働きやすさの背景には、“風通しのよさ”もあるかなと思います。本部からの指示や通達でわからないことや腑に落ちないことがあれば遠慮なく聞いてほしいんです。会社とスタッフに齟齬が生じないようにするために、何度でも説明します。そのためにブロック長という役職がありますからね。現場のスタッフには安心して働き続けてほしいから、納得するまでお伝えします。だからなんでも相談してください!

  • IKUMI

    わかりました!スタッフへのケアや気遣いも感じられるアシストの職場って本当に働きやすいです!この職場を選んでよかったなって思います!